​永代供養とは?

永代供養とは文字通り永代に渡って宗教者が供養を行うことですが、実際には永代供養の期限は決まっていません。というのも永代供養墓が普及したのは近年であり、全国で永代供養が浸透してからまだ数十年しか経っていないからです。一般的に多い永代供養は33回忌で区切り、遺骨を合祀墓へ移して毎年供養を行うことが多く、寺院や霊園によって、または金額により違いがありますので、住職さんや管理者に確認してみましょう。以前は承継者のないお墓(無縁墓)の放置を防ぐため、無縁仏を1ヶ所に集めて無縁塔として供養していましたが、近年の社会情勢や経済環境、墓地販売の多様化により永代供養墓として普及し、現在では納骨費用が個別のお墓(家墓)や納骨堂と比較的しても費用が安く抑えられるため急速に広まっています。永代供養墓の特徴は一定期間の後、遺骨を骨壷から出して合祀しますが、合祀墓の普及とともに、近年は最初から合祀して永代供養を行うタイプも有り、永代供養墓の定義は時代とともに変わっています。また、○○回忌の法事を行う家(祭祀承継者)が減少していることもあり、墓地の管理者側で回忌の供養から毎年の供養に変えて行っている所もあります。

​永代使用とは?

永代供養と勘違いしやすい言葉として永代使用があります。同じように永代供養料と永代使用料があり、永代に渡り供養をしてもらうことを永代供養で永代の供養料が永代供養料です。そして永代に渡り墓地を使用する権利を永代使用といい、永代の使用料が永代使用料です。一般的に、寺院や霊園の墓地の所有者は管理者(寺院であれば住職)であり、お墓を建てる時はそこの土地を永代に渡り使用する権利として永代使用料を払い墓地の使用許可証が発行されます。そこではじめてその墓地に墓石を設置できます。そして使用している間は毎年管理料がかかってきます。永代に渡りその土地を使用する権利ですので土地を買うのとは異なります。権利だからといって、勝手に売ったり、買ったり、譲渡したりは出来ませんのでご注意下さい。

​永代供養の歴史と変化